スマートフォン用の表示で見る

キズナ

競走馬種牡馬。馬名意味は絆。

2012年10月にデビュー、佐藤哲三が騎乗して2連勝を飾る。その後、佐藤哲三が落馬負傷したため武豊に乗り替わり、ラジオNIKKEI杯2歳ステークスに駒を進めたが、エピファネイアの3着に敗れた。明け3歳となった2013年、弥生賞はスローペースの展開で後方からの競馬となり、直線で追い込むものの5着に敗れ、皐月賞への優先出走権を逃した。そして毎日杯京都新聞杯を連勝して駒を進めた東京優駿では、後方待機策から追い込み、直線でエピファネイアを捉えてG1初制覇を果たした。鞍上の武豊東京優駿最多の通算5勝目。夏は休養に充てて秋はフランスに遠征。凱旋門賞前哨戦となったニエル賞では、英ダービールーラーオブザワールドRuler of the World)の追撃を凌いで勝利した。本番の凱旋門賞では、道中後方2番手から見ながらレースを進め、フォルスストレートでオルフェーヴルの外から位置取りを上げていったが、トレヴの4着に敗れた。2014年大阪杯から始動、道中最後方から追い込み快勝した。天皇賞(春)でも最後方からの競馬となったが、直線で伸びきれず、フェノーメノの4着に敗れた。レース後、左第3手根骨骨折を発症していたことが判明。長期休養に入った。

2015年京都記念大阪杯天皇賞(春)と出走したが、未勝利に終わり、本来の調子を取り戻すことは出来なかった。同年9月20日、右前繋部浅屈腱炎発症していたことが判明、現役を引退することとなった。

2016年より北海道安平町社台スタリオンステーション種牡馬として供用されている。

キズナ(Kizuna)

生年月日2010年3月5日
性別
毛色青鹿毛
ディープインパクト
キャットクイル
母の父Storm Catストームキャット
生産者ノースヒルズ新冠町
馬主前田晋二
管理調教師佐々木晶三栗東
競走成績14戦7勝
主な勝ち鞍2013年東京優駿GI
2013年京都新聞杯GII
2013年ニエル賞(仏G2
2014年大阪杯GII
2013年毎日杯GIII
備考2013年JRA賞最優秀3歳牡馬

血統表

ディープインパクト*サンデーサイレンス
Sunday Silence
HaloHail to Reason
Cosmah
Wishing WellUnderstanding
Mountain Flower
*ウインドインハーヘア
Wind in Her Hair
AlzaoLyphard
Lady Rebecca
BurghclereBusted
Highclere
*キャットクイル
Catequil
Storm CatStorm BirdNorthern Dancer
South Ocean
TerlinguaSecretariat
Crimson Saint
Pacific PrincessDamascusSword Dancer
Kerala
FijiAcropolis
Rififi

半姉にファレノプシス、半兄にサンデーブレイクがいる。母はビワハヤヒデナリタブライアンの母パシフィカスの半妹。