キンシャサノキセキ

スポーツ

キンシャサノキセキ

きんしゃさのきせき

(外)キンシャサノキセキ

生年月日2003年9月24日生まれ・牡・鹿毛
生産者Arrowleave Joint Venture(オーストラリア
フジキセキ
Keltshaan
母の父Pleasant Colonyプレザントコロニー
馬主吉田和美
管理調教師堀宣行美浦北)
競走成績31戦12勝(2011年3月引退)
主な勝ち鞍高松宮記念*1 スワンS 阪神C*2 函館スプリントS オーシャンS
(2着・スプリンターズS


キンシャサノキセキ美浦トレーニングセンター堀宣行厩舎に所属する現役競走馬。父は内国産フジキセキであるが、同馬のシャトル種牡馬供用中に繁殖牝馬Keltshaanに種付けされ豪州で生まれた。よって日本に輸入された外国産馬に分類される。


2005年・2006年・2007年(2歳・3歳・4歳シーズン)

2005年12月にデビューし新馬勝ちを収めると翌2006年のジュニアCも制したものの惜敗が続き春の3歳路線ではマイルCの3着が最高着順だった。以降芝の短距離路線でオープン2勝など好走を続けたが重賞では掲示板を外さないながら勝ちきれないレースが続いた。

2008年・2009年(5歳・6歳シーズン)

2008年は3走目の高松宮記念ファイングレインのクビ差の2着と好走。一息入れて望んだ函館スプリントSにて重賞を初制覇した。秋シーズンも好調を維持しスプリンターズSの2着で2008年を終えた。2009年はオーシャンS高松宮記念スプリンターズSをそれぞれ二桁着順。10月のスワンSに4番人気で出走し約一年ぶりの勝利。12月の阪神カップは1番人気に支持されスタートで出遅れたもののゴール前で鋭く伸び優勝した。

2010年(7歳シーズン)

3月のオーシャンSから始動。2番人気となったが直線鋭く伸び快勝した。第40回高松宮記念では鋭く差し、追撃してきたビービーガルダンをハナ差で退き、GI初制覇を果たした。秋シーズンはセントウルS出馬したものの疝痛のため出走取消し、直接スプリンターズSに挑戦し3位に入線したものの他馬の降着により2着。3番人気に支持されたマイルチャンピオンシップは13着と大敗した。続いて挑戦した阪神カップに優勝し昨年に続きこのレースを連覇。

2011年(8歳シーズン)

オーシャンSでは2番手から追走も2着。高松宮記念で3番人気に推され、2着サンカルロに1 1/4馬身差で快勝。初来日したウンベルト・リスポリGI初勝利をあげた。翌日、引退を発表。種牡馬として社台スタリオンステーションに繋養されている。


キンシャサノキセキの血統


フジキセキサンデーサイレンス
*Sunday Silence
HaloHail to Reason
Cosmah
Wishing WellUnderstanding
Mountain Flower
ミルレーサー
*Millracer
Le FabuleuxWild Risk
Anguar
Marston's MillIn Reality
Millicent
KeltshaanPleasant ColonyHis MajestyRibot
Flower Bowl
Sun ColonySunrise Flight
Colonia
FeatherhillLyphardNorthern Dancer
Goofed
Lady BerryViolon d’Ingres
Moss Rose


リスト::競走馬

*1:2連覇

*2:2連覇

目次
    • (外)キンシャサノキセキ
    • 2005年・2006年・2007年(2歳・3歳・4歳シーズン)
    • 2008年・2009年(5歳・6歳シーズン)
    • 2010年(7歳シーズン)
    • 2011年(8歳シーズン)
    • キンシャサノキセキの血統