スマートフォン用の表示で見る

ゲッターロボ

マンガ

ゲッターロボ

げったーろぼ

永井豪/石川賢の巨大ロボットものコミック。

週刊少年サンデー連載。

同名テレビアニメーションのコミカライズとして始まったが、キャラクター造型を独自のもので進めた結果、エピソード選択・作画表現において、独自の迫力を持つ別の作品として仕上がった。

コミック版の早乙女博士、流竜馬、神隼人はいずれも一本ネジの外れた異常性格者であり、

終盤の巴武蔵によるゲッターロボ特攻の描写は、永井豪の「デビルマン」最終回と並ぶトラウマシーンである。

なお、ゲッターロボ特攻のシーンについては、庵野秀明が「トップをねらえ!」第6話においてリスペクトしている。