スマートフォン用の表示で見る

ザクII

アニメ

ザクII

ざくつー

ガンダムシリーズのうち宇宙世紀を舞台とする作品に登場するモビルスーツ。初出はアニメ機動戦士ガンダム』。

ジオニック社が開発し、ジオン公国軍が運用する量産型MS。型式番号はMS-06

一年戦争を代表するMSであり、多数の派生と高い汎用性を特長とするジオニック社製作の傑作MSMS-05 ザクIの後継機であり、本来の名称はザクIIであるが、『機動戦士ガンダム』劇中では主力MSとして単にザクとのみ呼ばれており、ザクIIを「ザク」、ザクIを「旧ザク」と呼び倣わすことが多い。

型式の変遷は初期型のA型が84機生産、核装備に対応して厳重な放射線対策がなされたC型に移り236機を生産。その後、最も多く量産された中期型のF型へと至っている。一年戦争中の総生産機数は、ザクIを含めて約8,000機といわれる。

MS-05 ザクIから受け継いだ素性の良さは折り紙付きで、実戦投入直後から華々しい戦果を挙げた。ジオン軍快進撃の立役者となり、宇宙世紀の戦争におけるMSの優位性を決定づけた機体である。多彩なオプション武器・装備で汎用性が高く、素直な操縦性と堅牢な基本構造を持ち、一年戦争後も長期に渡って使用され続けた。

そのスペックは全高17.5m、本体重量56.2t、ジェネレーター総出力976kw、スラスター推力43,300kgとされている。

カラーリングはグリーン系のツートン。頭部はアクアラングを付けたような口吻部と中央に光るモノアイ、ボディは丸みを帯びた装甲と左右非対称の肩の形状、各所に配置された動力パイプが特徴的なデザインとなっている。駆動方式はジオン伝統の流体内パルスシステム、装甲材質は主に超硬スチール合金。武装は120mmザク・マシンガン、280mmザク・バズーカ、ヒート・ホークなどが基本兵装となっている。

様々な派生を生み出しており、マイナーチェンジのFS型、後期生産仕様のF2型、最終生産型のFZ型、重力下仕様のJ型、指揮官およびエース用に強化されたS型、S型を上回る高機動性を求めたR型(高機動型ザクII)、偵察機仕様のE型、砂漠戦仕様のD型、長距離戦仕様のK型、水中戦用試作型のN型と枚挙に暇がない。また、現地改修機やザビ家の司令官向けに製作されたワンオフ専用機など特別機も多数製作されている。