スマートフォン用の表示で見る

ハイザック

アニメ

ハイザック

はいざっく

機動戦士Zガンダム』などに登場した、ザク系の、連邦軍量産型モビルスーツ

一年戦争後、ジオン公国軍の技術を吸収した連邦軍によって、戦後初の完全新設計機として開発された。

リニアシートや360度全周囲スクリーン等を、正式採用量産機としては最初に標準装備した機体でもある。その一方で、ジェネレーターの出力比の関係上、ビームライフルビームサーベルを同時に使えないという、仕様上の不都合もある。

主にティターンズ連邦軍によって運用された。

バリエーションとしては、ジェネレーターの問題などを改良したハイザックカスタム(かくれハイザック)、偵察任務に特化したアイザック、武装を外して民間に払い下げられたホビーハイザックがある。

ティターンズ連邦軍のほかにジオン共和国MSにも所属している。

形式番号
RMS-106
頭頂高
18m
本体重量
38.7t
ジェネレータ出力
1428kw
ラスター推進力
64800Kg
装甲素材
チタン合金セラミック複合材
携行武装
ザクマシンガン改、ビームライフルビームサーベル、シールド、ヒートホーク、腰部ミサイルポッド、メガランチャー(パワーのバックアップ機が別に必要)
パイロット
ジェリド・メサカクリコン・カクーラー

後継機としては、エゥーゴに採用予定でアナハイムで生産され、政治的判断でティターンズへ渡されたマラサイと、開発拠点ペズンで独自に開発され、ティターンズ敗退後残党軍の戦力となったゼグシリーズがある。

MG 1/100 RMS-106 ハイザック (機動戦士Zガンダム)

MG 1/100 RMS-106 ハイザック (機動戦士Zガンダム)

MS IN ACTION!! ハイザック(地球連邦軍制式採用カラー)

MS IN ACTION!! ハイザック(地球連邦軍制式採用カラー)

1/144 RMS-119 アイザック (機動戦士ガンダムZZ)

1/144 RMS-119 アイザック (機動戦士ガンダムZZ)