スマートフォン用の表示で見る

ショートショート

読書

ショートショート

しょーとしょーと

短編小説の一形式。「超短編小説」ともいう。

海外ではフレドリック・ブラウンレイ・ブラッドベリ、日本では星新一筒井康隆が代表的なショートショート作家であり、広く影響を与えている。


ショートショート小説の定義は難しい。「原稿用紙十枚以下の短編」が一定の目安になっているが、分量の定義よりも理念的な定義が優先されることもある。

その理念は、アメリカの評論家ロバート・オバーファーストの打ち出した「短編小説三原則」に則っているとされる。

  1. 新鮮なアイディア
  2. 完全なプロット
  3. 意外な結末

また、結末はブラックユーモアを基調にしていることが多い。