スマートフォン用の表示で見る

シンボリクリスエス

スポーツ

シンボリクリスエス

しんぼりくりすえす

(外)*シンボリクリスエス

生年月日1999年1月21日生まれ・牡・黒鹿毛
生産者Takahiro Wada米国
Kris S.クリスエス
Tee Kay
母の父Gold Meridian
馬主シンボリ牧場
管理調教師藤沢和雄美浦北)
競走成績15戦8勝
主な勝ち鞍青葉賞 神戸新聞杯 天皇賞(秋)*1 有馬記念*2 (2着・日本ダービー
備考2002年JRA賞年度代表馬 最優秀3歳牡馬
2003年JRA賞年度代表馬 最優秀4歳以上牡馬


シンボリクリスエス美浦トレーニングセンター藤沢和雄厩舎に所属した引退競走馬。父クリスエス外国産馬にあたる。2001年10月にデビューし新馬勝ちを飾り、2002年は僅差の敗戦が続いたが4月に山吹賞を勝ち上がるとダービートライアル青葉賞も優勝し重賞初制覇。3番人気で望んだ日本ダービーは2着だった。休養を挟んで神戸新聞杯を制したものの、菊花賞には向かわず天皇賞(秋)に挑戦*3、3番人気で優勝しGI初制覇。続いてジャパンカップを僅差の3着と好走、2番人気で望んだ有馬記念に優勝し、この年の最優秀3歳牡馬、および年度代表馬に選出された。2003年シーズンは宝塚記念(5着)を使われたあと天皇賞(秋)を不利だといわれる大外18番枠からレコードタイムで優勝し同レース史上初の連覇。ジャパンカップは前年と同じく3着だったものの、引退レースとして望んだ有馬記念は同レース史上最大着差の9馬身差をつけレコードタイムで優勝、2年連続の年度代表馬に選出された。有馬記念のレース後そのまま引退式を行い、現在は種牡馬として社台スタリオンステーションに繋養中。


代表産駒

牡馬生年母の父
サクセスブロッケン2005年サクセスビューティサンデーサイレンス
ダンツキッスイ2005年サンフラワーガール?タイキシャトル
アリゼオ2007年スクエアアウェイ ?フジキセキ
牝馬生年母の父
ソーマジック2005年スーア?Fairy King


*シンボリクリスエスの血統


Kris S. Roberto Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Bramalea Nashua
Rarelea
Sharp Queen Princequillo Prince Rose
Cosquilla
Bridgework Occupy
Feale Bridge
Tee Kay Gold Meridian Seattle Slew Bold Reasoning
My Charmer
Queen Louie Crimson Satan
Reagent
Tri Argo Tri Jet Jester
Haze
Hail Proudly Francis S.
Spanglet


リスト::競走馬

*1:2場で2連覇

*2:2連覇

*3:施行当時、東京競馬場が改修工事中だったため中山競馬場で開催。

目次
    • (外)*シンボリクリスエス
    • 代表産駒
    • *シンボリクリスエスの血統