スイフト

一般

スイフト

すいふと

スズキの小型乗用車。スズキの主力車種のひとつである。

初代

2000年平成12年)に軽自動車の「Kei」を基にサイズを大型化して発売された。EUでは「イグニス」の輸出名で、ジュニアWRCでも活躍。

GMとの共同開発車であるシボレークルーズは本モデルとプラットフォームを共用する兄弟モデルでもある。

ちなみに欧州では以前からカルタスが「スイフト」の名称で販売されていることがあった。

なお「イグニス」という車名は2016年に復活している。コンセプトも初代スイフトと同様。

→ イグニス

2代目

2004年平成16年)にモデルチェンジされた。*1

これはスズキの本格的な世界戦略車で、車名も「スイフト」に統一。従来のスズキ車とは一線を画す走りなどで周囲を驚かせた。

のちにスポーツモデルである「スイフトスポーツ」も設定されている。

世界戦略車として、続いてSX4スプラッシュが登場している。

3代目

2010年平成22年)にモデルチェンジ。

デザインは敢えてキープコンセプトとなり、2代目と見分けがつけにくくなっている。

見た目に反して中身は大幅に変更されており、特徴のひとつでもある走行性能も向上した。

4代目

2017年平成29年)にモデルチェンジ。

3代目の時と異なり、デザインは大きく変更された。

ハイブリッドとS-エネチャージベースのマイルドハイブリッドという2つのハイブリッド車を設定する。

スイフトスポーツは幅が拡大され3ナンバーとなった。


*1Keiベースの旧型も「スイフトSE-Z」として併売