スマートフォン用の表示で見る

スリランカ内戦

一般

スリランカ内戦

すりらんかないせん

スリランカ国内で多数派民族で政治権力を握るシンハラ人と少数民族タミル人の対立で1983年内戦に突入。

政府軍と少数派タミル人の反政府武装組織「タミル・イーラム解放のトラLTTE)」の内戦に発展。

2006年にジュネーブで直接協議を開くも、双方の攻撃は続き、2008年になっても収まる気配がない。