スマートフォン用の表示で見る

スロトレ

スロトレは、東京大学教授の石井直方氏が提唱している、トレーニング方法。スロトレは、スロートレーニングで、「ノンロックスロー法」という、筋肉に力をゆっくり入れ続けて血流を制限して乳酸を多く発生させて激しい運動時の様な効果が得られる。 筋肉を、縮めきらず、伸ばしきらず、力を入れ続けてゆっくりトレーニングする事で、『筋肉中の血流制限 ⇒ 酸素不足の状態≒重い負荷の運動時相当 ⇒ 乳酸の大量発生⇒ 成長ホルモンの分泌促進 ⇒ 軽い負荷でも筋肉の成長促進』というサイクルを狙っている。スロトレは、週に2〜3回、1日か2日おきで行う。筋肉の発達には休養が必要で、疲労したからだが運動前以上に回復し強くなった(超回復した)タイミングで再びトレーニングすることで右肩上がりの成長が可能となる。(下記URLの書籍参照)

スロトレを行うと体脂肪の分解が促進されるため、その後に有酸素運動ウォーキングジョギング等)を行うことで、より効率的に脂肪燃焼が行える効果もある。これだけではなく、クイックという「切り返しの動作を素早く瞬間的に行う」運動によって、筋の微細な損傷という物理的なストレスを生じて、回復による筋肥大効果を狙うトレーニングも、「体脂肪が落ちるトレーニング」石井直方氏他、高橋書店 に説明されている。