スマートフォン用の表示で見る

チェックサム

check-sum

 検査合計。データ伝送などにおいて、伝送されたデータに誤りがないかどうかをチェックする方法のひとつ。あらかじめデータの合計の値を計算しておき、データの伝送のときに、データと合計の値を送り、受信側では受信データの合計を計算して、送信側で計算した合計値と比較する。伝送されたデータの値に誤りがあれば、合計の値は一致しないので、誤りを検出できる。

 昔はマシン語入力のチェックにも使用していたと思う。