スマートフォン用の表示で見る

ツィメルマン

音楽

ツィメルマン

つぃめるまん

Krystian Zimerman 1956年生まれ。ポーランド生まれのピアニストスイス在住。5歳頃からピアニストである父にピアノを学び、その後、アンジェイ・ヤシンスキに師事。1973年ベートーヴェン国際音楽コンクールで優勝、1975年ショパン国際ピアノコンクールに史上最年少で優勝する。学生時代のポーランドは物資調達が困難だったため、ピアノ部品の製作・修理を自ら行った。1978年に初来日し、その後2006年までに8回来日しており、公演チケットの人気は回を重ねるごとに高まっている。公演に際しては、自身で所有しているピアノを会場に持ち込み、専任の調律師を同行させ、会場に合わせた調律をさせることで知られており、また、自身でスタジオを建設したこともあるほど、レコーディング技術や音響学に対する造詣も深い。1981年にスイスへ移住。1996年にスイスバーゼル音楽院の教職に就く。2005年にフランスレジオン・ドヌール勲章を受章した。