スマートフォン用の表示で見る

トリエンナーレ

アート

トリエンナーレ

とりえんなーれ

トリエンナーレ(triennale)とは3年に一度開かれる国際美術展覧会のことである。「トリエンナーレ」の原意はイタリア語で「3年に一度」である。英語で「Triennial」(トライエニアル/トライアニアル)とも呼ばれる。

ビエンナーレ同様、1990年代以降世界各地に国際美術展が増えているが、日本の横浜トリエンナーレもその後発の一つである。またビエンナーレ同様、美術(ファインアート)に限らず舞台芸術、デザイン、音楽などさまざまな芸術分野のトリエンナーレがあるほか、陶芸や版画などある美術分野に特化したものもある。世界から美術作家を集める招待展から、世界規模あるいは国内限定の公募展など形態もさまざまである。

こうしたものは国際交流や町おこし、観光客の集客、多様な国の多様な芸術に住民が触れることを目的としている。ただし国際美術展では、世界の他のビエンナーレトリエンナーレと出品する作家の顔ぶれやテーマが似たり寄ったりになっているという批判もある。

主なトリエンナーレ

国内

大阪トリエンナーレ大阪府1990年〜)

高知国際版画トリエンナーレ展(高知県1990年〜)

出石磁器トリエンナーレ兵庫県、1994年〜)

東京国際ミニプリント・トリエンナーレ東京都、1995年〜)

福岡アジア美術トリエンナーレ福岡県、1999年〜)

越後妻有アートトリエンナーレ新潟県、2000年〜)

横浜トリエンナーレ神奈川県、2001年〜)

あおもり国際版画トリエンナーレ青森県、2001年〜)

海外

ミラノトリエンナーレイタリア

インドトリエンナーレインド

広州トリエンナーレ中国

関連項目

ビエンナーレ - 2年に一度

クアンドリエンナーレ - 4年に一度

ドクメンタ - 5年に一度のドイツの展覧会