スマートフォン用の表示で見る

ニーベルングの指環

音楽

ニーベルングの指環

にーべるんぐのゆびわ

Der Ring des Nibelungen

リヒャルト・ワーグナーの楽劇(オペラ)の一*1。上演に全部で15時間相当かかるため、普通は四部(4夜)に分けて上演される*2

ドイツ中世の英雄叙事詩ニーベルングの歌」Das Nibelungenliedと同様にジークフリート(シグルド)伝説に取材したものだが、構想が巨大化してゆき、最後はこのような超大作と化した。

構成


その他

あさりちゃん (第13巻) (てんとう虫コミックス):「《大長編》あさりの英雄伝説」という形で指環の後日談*3を描く。「あさりちゃん」なので基本はギャグである*4

*1:略すときは「指環」Ringとだけ呼ぶ人が多いか

*2:もっとも、大作過ぎるので、「普通は」上演されない。バイロイト音楽祭を除くと上演機会はかなり少ない

*3ブリュンヒルデが指環をラインの乙女たちに返すところから始まる

*4:「ジークフリートはバカだったので指環の使い方が分からなかった」と言い切るなど、室山まゆみの解釈は侮れないが