スマートフォン用の表示で見る

バシャーモ

ゲーム

バシャーモ

ばしゃーも
リスト::ポケモン --> ホウエン御三家 --> バシャーモ
リスト::ポケモン --> ほのおタイプ --> バシャーモ
リスト::ポケモン --> かくとうタイプ --> バシャーモ
リスト::ポケモン --> ポッ拳 --> バトルポケモン --> バシャーモ

ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモンの一種。第3世代ルビーサファイア』で登場。

アチャモの最終進化形だが、アチャモの面影はほとんど無い。

どうやら「縁日のカラーヒヨコは育つと凶暴になるから」という理由によるらしい。

アニメではジョウト編の末期にホウエン地方出身トレーナーの所持ポケモンとして先行登場した。


「スカイアッパー」と「ブレイズキック」を持つ炎の格闘ポケモン

「ブレイズキック」は急所に当たりやすい技なので、「ピントレンズ」を持たせてどんどん攻める戦法が有効。

遺伝を駆使すると「こらえる」と「きしかいせい」を覚える事が出来る。

こらきし型としての有用性はヘラクロスに多少劣るものの、ほのおタイプであるため、ダブルバトルで味方の「じしん」を「こらえる」といった戦法が楽に出来るという利点がある。

また“もうか”の特性を利用すれば炎バージョンのこらきしをつくれる。

ただし、こらきし使いの中では素早さはあまり高くないので「カムラのみ」をもたせるなどしてフォローする必要がある。


第4世代『ダイヤモンド・パール』からは同タイプ・同特性で素早さが高く、「インファイト」が使えるゴウカザルが登場。影を潜めるようになってしまった。

ただし、「こらえる」「きしかいせい」「ブレイブバード」「オウムがえし」等あちらには真似できない芸当はある。

第5世代『ブラック・ホワイト』ではその中途半端な素早さを補える隠れ特性「かそく」を獲得した上に、威力130に強化された「とびひざげり」を習得。さらに第6世代『X・Y』ではメガシンカも獲得。ゴウカザルとはまた別の意味で頭角を露わにした。

データ

図鑑番号
全国図鑑No.257
ホウエン図鑑EmNo.006
ORASNo.006
分類もうかポケモン
タイプほのおかくとう
特性通常特性もうか
隠れ特性かそく
タマゴグループりくじょう
高さ1.9m
重さ52.0kg
進化の系譜
アチャモ-Lv.16->ワカシャモ-Lv.36->バシャーモ