フェルナンド・トーレス

スポーツ

フェルナンド・トーレス

ふぇるなんどとーれす

Fernando Torres

スペイン代表歴のあるサッカー選手

プロフィール

フルネーム : Fernando José Torres Sanz (フェルナンド・ホセ・トーレス・サンス)

生年月日 : 1984年3月20日

出身地 : Fuenlabrada, Comunidad de Madrid (フエンラブラダ?マドリード自治州

身長・体重 : 184cm・78kg

ポジション : センターフォワード

ニックネーム : El Niño (エル・ニーニョ、神の子という意味)

所属クラブ

2000〜07 : アトレチコ・マドリー

2007〜11 : リヴァプールFCイングランド

2011〜 : チェルシーFCイングランド)  ※2011年1月31日に移籍

プレースタイル、経歴など

好不調の波は激しいが、スピードとボールコントロールに優れ、高い得点力を持つセンターフォワード。特に (決勝戦など) 大舞台に強く、より一層の実力を発揮する選手。


スペインU-16・18・19・21代表歴あり。2001年のU-16ヨーロッパ選手権ではエースとしてスペインの優勝に貢献し得点王と最優秀選手を獲得する。2002年のU-19 UEFAヨーロッパ選手権でもドイツとの決勝でゴールを上げスペインの優勝に貢献し、またも得点王を獲得した。

スペイン代表デビューは弱冠19歳で、2003年9月6日の親善試合ポルトガル戦。その後2004年UEFAヨーロッパ選手権・2006年FIFAワールドカップ・2008年UEFAヨーロッパ選手権・2010年FIFAワールドカップ・2012年UEFAヨーロッパ選手権に出場している。

2008年UEFAヨーロッパ選手権ではドイツとの決勝でゴールを決め、スペインの44年ぶりのヨーロッパ制覇に貢献した。しかし、2年後のスペインが初優勝した2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会ではけがなどもあり無得点で大会を終えた。2年後の2012年UEFAヨーロッパ選手権では3得点で得点王となった。


アトレチコ・マドリーカンテラ出身。アトレチコ・マドリーのファーストチームデビューは2001年6月のアルバセテ・バロンピエ戦で弱冠17歳だった。また、そのデビュー戦で初ゴールを決めている。2001-02シーズンには38試合に出場して6得点を挙げ、アトレチコ・マドリーリーガ・エスパニョーラ1部昇格に貢献。プリメーラ・ディビシオンでも、2002-03シーズンには29試合出場で13得点、2003-04シーズンには35試合出場して19得点を記録。リーガ・エスパニョーラを代表するFWとしての地位を確立した。

しかし2007年7月、イングランドプレミアリーグの強豪リヴァプールFCへ6年契約で、交換トレードではないがルイス・ガルシアルイス・ハビエル・ガルシア・サンス) と入れ替わるような形で移籍した。移籍した2007-08シーズン、早くも異国の地イングランドで実力を出し始める。2007年8月19日、プレミアリーグ第2週での大一番チェルシーFC戦でプレミアリーグ初ゴール。その後も着実に得点を重ねていったフェルナンド・トーレスは、2007-08シーズン、プレミアリーグで33試合出場・24得点 (公式戦全試合では46試合出場・33得点) を記録し、ルート・ファン・ニステルローイマンチェスター・ユナイテッドFC所属時) が保持する プレミアリーグ外国人選手シーズン最多得点記録 (当時23得点) を塗り替えた。

2011年1月、所属クラブ (リヴァプールFC) に移籍志願。当初リヴァプールFC側はこの依頼を拒否したが、FWルイス・スアレスルイス・アルベルト・スアレス) とアンディ・キャロルの獲得に成功したため、2011年1月31日に5年半契約で同じくプレミアリーグの強豪チェルシーFC移籍金5,000万ポンドでのクラブ史上最高額で移籍した。