スマートフォン用の表示で見る

フレーバーティー

フレーバーティー

ふれーばーてぃー

茶葉に香りをつけたものの総称。


古くは

アールグレイティー(柑橘系ベルガモットの香りをつけたもの)

ジャスミンティー(ジャスミンの花の香りをつけたも)

・キャラメルティー(砂糖を加熱してできるキャラメルで香りをつけたもの)

・バニラティー(ラン科バニラ属の種子鞘から香気成分を抽出し香りをつけたもの)

・ラプサン・スーチョン(松の葉でいぶして香りをつけたもの)

などがある。


伝統的には自然由来の香気成分を抽出し着香したものである。

高貴な身分の人達が嗜む贅沢なものであったが、

近代においては化学的に香料成分の合成が可能になり、安価に大衆向けに提供されるようになった。


同名のフレーバーティーでも、使用されている茶葉の種類、ブレンド、香り付けなどが相応に異なるため、まったく別のものとなる。

そのため色しか出ないような茶葉に強い香りをつけて誤魔化す事や、フレーバーティーに不慣れな人達がクセの強いフレーバーティーを口にしたなどの経緯からフレーバーティーを毛嫌いする人は少なくない。

ラプサン・スーチョンのように強いクセがあるものも多く、自らの好みにあうものをみつけるには、実際に飲んで比較するのが一番よい。