ホルミシス効果

サイエンス

ホルミシス効果

ほるみしすこうか

hormesis 通常の量を浴びると生物に有害な放射性物質が、微量であれば生物に有益であるとする理論。トーマス・D・ラッキー博士が提唱した。