スマートフォン用の表示で見る

ミホノブルボン

スポーツ

ミホノブルボン

みほのぶるぼん

ミホノブルボン

生年月日1989年4月25日生まれ・牡・栗毛
生産者原口圭二(北海道門別)
マグニテュード
カツミエコー
母の父シャレー
馬主(有)ミホインターナショナル 原口圭二
管理調教師戸山為夫栗東) 松元茂樹栗東
競走成績8戦7勝
主な勝ち鞍朝日杯3歳S スプリングS 皐月賞 日本ダービー 京都新聞杯
(2着・菊花賞
備考1991年JRA賞最優秀3歳牡馬 1992年JRA賞年度代表馬 最優秀4歳牡馬


1992年の皐月賞日本ダービー二冠馬。その盛り上がった筋肉は目を引き、当事栗東にしか設備が無く、また利用する調教師もまばらだった坂路調教、また陸上競技のトレーニングにも似たインターバル調教など、新機軸の方法で競走馬を鍛え上げた戸山為夫調教師の集大成であり、遺作である。


母カツミエコーはスターロッチなども出したコロナの牝系であるが、直近に目立つ活躍馬も無く初仔として生まれたミホノブルボンは特に目立つ存在ではなかった。しかしながら骨格の優れた仔を探していた戸山為夫調教師の目に止まり同厩舎に入厩、1991年7月にデビューした。このデビュー戦が衝撃的なもので、勝ち時計のレコードタイムも然る事ながら上がり33秒1の末脚で一躍注目を浴びる存在となった。次走の500万下も6馬身差を付け圧勝、朝日杯3歳S重賞初挑戦ながら単勝1.5倍の一番人気に推されハナ差ながら優勝した。


翌1992年は皐月賞に向けてスプリングSから始動した。このレースこそ1番人気をノーザンコンダクトに譲ったものの、渋った馬場も見方し2着に実に7馬身もの大差をつけて圧勝。皐月賞も完勝の形で逃げ切り勝ちを演じた。なお、ステイヤーライスシャワースプリンターサクラバクシンオーが揃ったレースは当レースのみである。この時点でクラシックの中心となったミホノブルボンは、父系、母系とも短距離血統で、しかも自身がスピードタイプの逃げ馬であることから距離不安もささやかれ始めていたが、関門となる日本ダービーも4馬身差で逃げ切り三冠への挑戦が視野に入った。


秋緒戦の京都新聞杯も日本レコードで制し健在振りを示したが、大一番となる菊花賞では「ミホノブルボンに鈴を付ける」立場の逃げ馬キョウエイボーガン?が戦前の争点となった。能力ではミホノブルボンの比ではなかったものの、いわゆるテンの速さではこれを凌ぎ「肉を斬らせて骨を断つ」戦法を貫いて二冠を制したミホノブルボン最大の敵となった。レースは競ってでも単騎の逃げを公言していた戸山調教師の指示に反し小島貞博騎手は競り合いを避けて二番手を追走、最終コーナーで先頭に立ったミホノブルボンダービー2着馬、前走の京都新聞杯でも差を詰められていた後の高速ステイヤーライスシャワーに屈し、三冠馬の夢は潰えた。


その後有馬記念への出走を目指していたものの屈腱炎を発症、また調教師である戸山為夫も病に倒れ、ミホノブルボンの復帰を見届けぬままに急逝した。厩舎は解散し、松元茂樹厩舎へ転厩し引き続き復帰を目指したものの、叶わぬままに1994年引退、種牡馬入りした。


全競走成績

年月日競馬場距離競走名着順騎手
1991年9月7日中京競馬場芝10003歳新馬新馬1小島貞博
1991年11月23日東京競馬場芝16003歳500万下5001小島貞博
1991年12月8日中山競馬場芝1600朝日杯3歳SGI1小島貞博
4ヶ月間休養  調整    
1992年3月29日中山競馬場芝1800スプリングSGII1小島貞博
1992年4月19日中山競馬場芝2000皐月賞GI1小島貞博
1992年5月31日東京競馬場芝2400日本ダービーGI1小島貞博
4ヶ月間休養  調整    
1992年10月18日京都競馬場芝2200京都新聞杯GII1小島貞博
1992年11月8日京都競馬場芝3000菊花賞GI2小島貞博


ミホノブルボンの血統


マグニテュード
*Magnitude
Mill Reef Never Bend Nasrullah
Lalun
Milan Mill Princequillo
Virginia Water
Altesse Royale *Saint Crespin Aureole
Neocracy
Bleu Azur Crepello
Blue Prelude
カツミエコー シャレー
*Chalet
Luthier Klairon
Flute Enchantee
Christiana Double Jump
Mount Rosa
ハイフレーム *Your Highness Chamossaire
Lady Grand
カミヤマト *Rising Flame
コロナ


リスト::競走馬

目次
    • ミホノブルボン
    • 全競走成績
    • ミホノブルボンの血統