スマートフォン用の表示で見る

ユーコン

地理

ユーコン

ゆーこん

ユーコン準州Yukon Territory)

カナダを構成する州(準州)の一つ。名前の由来はユーコン川から。

全体としてはほぼ直角三角形になっている。ブリティッシュ・コロンビアとの境界が底辺、アラスカとの境界線が垂線、北西準州?との境界線が斜辺となる。

州都ホワイトホースは人口23,511人(2005年12月集計)で、準州の人口の4分の3が集中する最大都市*1である。


ゴールドラッシュの影響で1898年7月13日に北西準州から分離してカナダ連邦に加入。が、そのゴールドが枯渇したので人口減少*2

以後、アラスカ・ハイウェーが建設されたり、鉱山開発が始まったりで人口増に転じている。


政府

一応、議院内閣制による準州政府を持つ。準州議会(任期4年)では最大政党ユーコン党他4党が18議席を分け合う。

形式上のトップは女王の名代たる副総督、ではなく、カナダ政府によって任命された弁務官(Commissioner of the Yukon)である。

*1:と、いうか、ユーコンには市=cityは一つしかないが

*21921年の人口は4157人