ラトビア

地理

ラトビア

らとびあ

略史

13世紀初めより ドイツ騎士団が進出し、領有。

14世紀 リトアニアポーランド領となる。

1629年 スウェーデン領となる。

1721年 北方戦争の結果一部ロシア領、残りはポーランド領となる。

1795年 第3次ポーランド分割により全部ロシア領となる。

1918年 独立を宣言。

1920年 ソ連より独立。

1940年 ソ連に併合。

1990年3月 共和国最高会議選挙

   5月 独立回復宣言。

1991年8月 共和国の地位に関する基本法採択。

   9月6日 ソ連国家評議会バルト三共和国の国家独立に関する決定を採択。

外務省ページより引用