スマートフォン用の表示で見る

レトリック

一般

レトリック

れとりっく

修辞技法。修辞学。文彩(ぶんさい)、あや (英語・フランス語:Figure)とも言われ、スピーチおよび文章に豊かな表現を与えるための技法のことを表すことが多い。

局所的な話題の流れの組み立て手法であり、個々の表現よりはマクロ的で、議論全体の枠組みよりはミクロ的である。また、単に言い回しといった程度の意味にも用いられる。

レトリックの種類

様々なものがあるのでここでは分類だけ示しておく。詳細については個々の項目をクリック、参照することを推奨。

  • 比喩
  • 擬態
  • 擬人法
    • 擬物表現
    • 生物形象・無機物形象(擬人表現と擬物表現の逆相関)
  • 倒置法
  • 反復法
  • 同語反復
  • 首尾同語(反照法)
  • 体言止め
  • 反語
  • 呼びかけ
  • パラレリズム
    • 対句
  • 押韻
  • 語句の挿入
  • 省略法
  • 緩叙法
  • 漸層法
  • 対照法
  • 敷衍(ふえん)
  • パロディ
  • 畳語法・畳句法・畳音法
  • 疑惑法
  • 誇張法
  • 列挙法・列叙法
  • 折句
  • 史的現在
  • 撞着語法
  • 頓降法/漸降法
    • 頓降法
    • 漸降法
  • 黙説
  • 冗語法
  • 転用語法