スマートフォン用の表示で見る

ロロナのアトリエ

ゲーム

ロロナのアトリエ

ろろなのあとりえ

ガストより2009年6月25日に発売されたPlayStation 3RPG

フルタイトルは『ロロナのアトリエ 〜アーランドの錬金術士〜』。公称ジャンルは"新約錬金術RPG"。

錬金術でアイテムを調合するのが特徴のRPGアトリエシリーズの第11作目(A11)。アーランドシリーズの第1弾でもあり、続編に『トトリのアトリエ』『メルルのアトリエ』がある。キャラクターデザイン岸田メルが担当。


2013年11月21日、PlayStation 3PlayStation Vitaリメイク版『新・ロロナのアトリエ はじまりの物語〜アーランドの錬金術士〜』が発売された。「Plus」シリーズとは一線を画した存在であり、グラフィックスが向上したのはもちろん、『メルルのアトリエ』をベースにゲームシステムを再構築した作品となっている。

2015年6月4日には、ニンテンドー3DS版『新・ロロナのアトリエ はじまりの物語〜アーランドの錬金術士〜』が発売。3DキャラクターはSDキャラで描かれており、戦闘システムは大幅に刷新されている。また、本編の前日譚にあたるシナリオ“アストリッドのアトリエ”が収録されている。

ゲーム紹介

プレイヤーが新米錬金術士ロロライナ・フリクセルとなり、営業停止に追い込まれたアトリエを再建していくRPG。作成できるアイテムは充実の約100種類で、同じアイテムでも素材選びによって効果が大きく変化する。材料の採取は3Dで表現されたフィールド上で可能となっており、探索中にモンスターシンボルに接触するとターン制バトルが発生。戦闘では自分で調合したアイテムを使った攻撃または回復が基本となるが、属性システムが採用されているので奥の深い戦闘が楽しめる。イベントは、3Dグラフィックになったことで演出面がパワーアップ。フルボイス化されたキャラクター同士が、豊富な動きを交えて自然な掛け合いを見せる。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001XCW6R4/

キャスト