スマートフォン用の表示で見る

ワイヤーフレーム

枠の部分だけを針金細工のような形式で再現した、コンピュータ画面上での立体モデルの表現方法。

もっとも初期の頃に確立された、立体モデルのコンピュータ上での再現手法のひとつ。

コンピュータに与える演算負荷が少ない手法なので、現在でも3D立体を製作する途中のプレビュー画面の表示方法で使われる事がある。