スマートフォン用の表示で見る

阿武隈急行線

地理

阿武隈急行線

あぶくまきゅうこうせん

阿武隈急行が運行する鉄道路線福島駅槻木駅 間 54.9km。電化路線。

もともと東北本線は、こちら側の平坦な部分に敷設される計画であったが、「陸蒸気の煙で桑が枯れてしまう」といった沿線住民の反対にあい、山側のルートをたどることになった。その後、沿線住民の態度の変化と、輸送需要の関係から、東北本線のバイパス線に着工する。1968年、槻木駅〜丸森駅間の丸森線が開業し、残りは凍結。この旧国鉄丸森線を延伸開業した。

駅名よみ
“えき”は略
福島駅ふくしま
卸町駅おろしまち
福島学院前駅ふくしまがくいんまえ
瀬上駅せのうえ
向瀬上駅むかいせのうえ
高子駅たかこ
上保原駅かみほばら
保原駅ほばら
大泉駅おおいずみ
二井田駅にいだ
新田駅にった
梁川駅やながわ
やながわ希望の森公園前駅やながわきぼうのもりこうえんまえ
富野駅とみの
兜駅かぶと
あぶくま駅あぶくま
丸森駅まるもり
北丸森駅きたまるもり
南角田駅みなみかくだ
角田駅かくだ
横倉駅よこくら
岡駅おか
東船岡駅ひがしふなおか
槻木駅つきのき


リスト::鉄道路線