スマートフォン用の表示で見る

井上道義

音楽

井上道義

いのうえみちよし

指揮者

1946年 東京生まれ。

桐朋学園大学で齋藤秀雄氏に師事。

1971年 イタリア ミラノ・スカラ座主催グィド・カンテルリ指揮者コンクールに優勝。

1972年 セルジュ・チェリビダッケ主催の講習会に出席し1位。

1976年 日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会で日本デビュー。

1977年から1982年までニュージーランド国立交響楽団の首席客演指揮者、1983年から1988年まで新日本フィルハーモニー交響楽団の音楽監督、1990年から1998年まで京都市交響楽団の音楽監督、常任指揮者、2000年9月より3シーズンにわたって新日本フィルハーモニー交響楽団首席客演指揮者

海外では、シカゴ交響楽団ラファエルクーベリックの代役として1993年4月の定期公演に登場したのを初め、ロンドン・ロイヤル・フィル、ベルリン(RIAS)、ハンブルクNDR)、シュトゥットガルトSDR)、バーデン・バーデン(SWDR)の各放送交響楽団ケルン・ギュルツニッヒ管弦楽団ミュンヘン・フィル、ドレスデン・フィル、フランス国立管弦楽団スカラ・フィル、レニングラード交響楽団ハンガリー国立管弦楽団などのオーケストラを指揮している。