井上日召

読書

井上日召

いのうえにっしょう

井上日召(1886-1967)

群馬県利根郡に生まれる。

日蓮宗の僧侶、右翼活動家

1932年に血盟団を組織し、連続テロ事件(血盟団事件)を起こす。

無期懲役を宣告されるが、1940年特赦で出獄。

戦後も右翼として活動。