井上日召

(読書)
いのうえにっしょう

井上日召(1886-1967)

群馬県利根郡に生まれる。

日蓮宗の僧侶、右翼活動家。
1932年に血盟団を組織し、連続テロ事件(血盟団事件)を起こす。
無期懲役を宣告されるが、1940年に特赦で出獄。
戦後も右翼として活動。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ