スマートフォン用の表示で見る

円谷幸吉

スポーツ

円谷幸吉

つぶらやこうきち

陸上競技選手

誕生日:1940年(昭和15年)5月13日

出身地:福島県

陸上自衛隊自衛官

*姓を「つむらや」と読むところもある。


1964年東京オリンピック1万メートル競走で6位入賞。

また、マラソンではアベベエチオピア)、ヒートリー?イギリス)に次いで第3位となり銅メダルを獲得。2時間16分22秒8のタイム。

2位で競技場内に戻って来るも、後続ランナーのヒートリーに追い抜かれ3位になるシーンがテレビで良く流される。

1968年昭和43年)に自らその生涯を閉じる。1月9日没。

遺書にしたためられた「幸吉はもうすっかり疲れ切ってしまって走れません」や繰り返し出て来る「美味しゅうございました」の言葉が有名。

従七位勲六等瑞宝章受章。

オリンピックに奪われた命―円谷幸吉、三十年目の新証言 (小学館文庫)

オリンピックに奪われた命―円谷幸吉、三十年目の新証言 (小学館文庫)