スマートフォン用の表示で見る

観阿弥

アート

観阿弥

かんあみ

1333〜1384、実名=清次、芸名=観世。

同朋衆となり、「観阿弥」と号した。

将軍;足利義満の庇護の下、

物まねを基に現在の“一発芸”的な大和流の行為に始まり、

やがて曲舞などの近江流の「歌舞」の要素を接り収れて、

次第に「幽玄」なものへと進化させていった。

大和四座の内の「観世座」を起こした。

1384年、駿河を巡業中に亡くなった。

別段、この観阿弥が「能」を創始したわけではなく、

狂言の創始者と目される玄恵法印(1269〜1350)の時代、

いやその少し前の12世紀には最古の演目である『翁』

が演じられている。観阿弥の価値は、

変拍子の強い音調をもった踊りである「曲舞」〔くせまい〕を

導入したことにある。これによって能はとんでもない

複雑なものと化すのだ。

創作作品=『松風』、『卒塔婆小町』、『通小町』、『自然居士』など。