スマートフォン用の表示で見る

宮口精二

映画

宮口精二

みやぐちせいじ

みやぐち・せいじ。大正2年11月、東京本所生まれ。本名、宮口精次。旧制上野二中卒。

昭和8年、田村秋子・友田恭助主宰の築地座に入座し、昭和13年には文学座の創立に参加。昭和40年に退座するまで劇団の幹部俳優として活躍し、久保田万太郎福田恆存作品には欠かせぬ存在となる。晩年は、東宝演劇部に所属し、芸術座の常連役者となった。いっぽうで、名脇役として140本以上の映画に出演。黒澤明小津安二郎成瀬巳喜男木下恵介ら巨匠の作品でも名演を見せ、テレビ、ラジオの仕事も少なくない。市井の善人から凄みのある悪役まで、さまざまな役柄を得意とし、地味ながらも生涯現役を貫いた。

また、多彩な趣味人としても知られ、昭和45年には、幅広い人脈を生かしてミニコミ季刊誌『俳優館』(俳優館)を創刊。亡くなるまで雑誌づくりに情熱をかたむけたほか、野球のアンパイアでは玄人はだしの腕前も見せた。

昭和60年4月死去。享年71。

著書に、『俳優館宮口精二対談集』全2巻(白川書院、昭和51年大和山出版社、昭和58年)。関連書に、『俳優館宮口精二追悼特集号』(俳優館昭和61年)、宮入弘光著『役者という存在・宮口精二について』(軌跡社、昭和63年)がある。