松本清張

松本清張

(読書)
まつもとせいちょう

作家、小説家、(1909-1992) 「探偵小説」を「推理小説」に変換させた原動力となった作家であり、いわゆる「社会派推理小説」の鼻祖である。ただし、作品は、推理小説の枠を越え、さらに歴史研究・昭和史検証にまで及び、非常に多岐に渡る。
デビューが遅く、それまでは長く「下積み人生」をおくってきたため、社会の下層にいる人々に共感した作品が多く、「司馬史観」と対象させて「清張史観」と呼ばれる場合もある。

  • 1951年「西郷札」で週刊朝日「百万人の小説」入選、デビュー。(第25回直木賞候補作)
  • 1952年「或る『小倉日記』伝」で第28回芥川賞受賞(第28回直木賞候補作)
  • 1956年短編集「顔」で第10回日本探偵作家クラブ賞受賞
  • amazon:松本清張

ネットの話題: 松本清張

人気

新着

新着ブログ: 松本清張