スマートフォン用の表示で見る

去来抄

読書

去来抄

きょらいしょう

向井去来の作。俳論。「さび」「しをり」「ほそみ」等、蕉風の本質を論じた。