スマートフォン用の表示で見る

九龍城砦

地理

九龍城砦

きゅうりゅうじょうさい

香港九龍半島にあった城塞。あるいはその跡地に建ったスラム街のことを指す。Kowloon Walled City。

正式名称は「九龍寨城」といい、現在は九龍寨城公園などになっている。

概要

1898年にイギリスが新界地区を租借し、現在の香港にあたる地域全てがイギリス領となったが、九龍城砦だけは清領として残され、飛地となった。

清から中華民国中華人民共和国と、中国大陸政権が代わってもこの状態は続き、第二次世界大戦中に日本軍が占領した時を除き、事実上どの国の主権も及ばない状態になった。

戦後、大陸からの難民が流入し、文化大革命が始まるとさらに難民は急増し、彼らを収容するビルなどが無秩序に大量に建築され、「一回入ると出てこられない」と言われるほど密集したスラム街になった。また、どの国の主権も及ばないため、無法地帯になった。

香港返還が決まり、1993年〜1994年に取り壊しが行われ、スラム街は消滅。再開発後に九龍寨城公園(Kowloon Walled City Park)が作られた。