血税

一般

血税

けつぜい

本来は兵役を意味した。現代では、徴兵制度がなくなったことで本来の意味も忘れられ、血税の「血」は「国民の労力」といった意味で使われるようになった。