スマートフォン用の表示で見る

源行家

一般

源行家

みなもとのゆきいえ

源為義の十男。陸奥十郎、新宮十郎。はじめ義盛と名乗る。八条院蔵人・備前守

治承四年(1180)、以仁王の令旨を源頼朝ら東国の源氏に届け、挙兵を促した。

翌年には美濃平重衡と戦うが大敗。その後、甥の木曽義仲を頼り、ともに上洛。しかし自らの処遇に不満を抱いて義仲と対立離反。義仲滅亡後は源義経に接近し、頼朝追討の兵を挙げるが失敗。さらに四国地頭に任ぜられて都落ちするが大物浦で遭難し、和泉に潜伏しているところを北条時定の追捕を受けて討ち取られた。