スマートフォン用の表示で見る

幸福の科学

一般

幸福の科学

こうふくのかがく

宗教法人幸福の科学」。1986年10月6日設立(立宗記念日)。1991年3月7日宗教法人格取得。「フライデー事件」で有名になった。心のユートピアから地球ユートピアへ――仏の理想を理想として、この世とあの世を貫く幸福を目指し、主エル・カンターレへの信仰のもと、大川隆法総裁先生(1956〜)が説かれる仏法真理を学び、人生を輝かせていく人々の集まり。2005年9月には、2005年日本国際博覧会愛知万博愛・地球博」)のネパール館で展示された貴重な文化遺産である「ハラティ・マタ寺院」の復元物を購入、2006年7月7日、総本山・正心館の境内に建立・落慶した「ネパール釈尊館」に移築した。大講演会・御法話拝聴会・会員同士の交流・悩み相談・学習会・祈願・伝道・参拝・教典・布教・研修・秘法・式典等の宗教的な修行を行っている。国際呼称 Happy Science ハッピー・サイエンス(「幸福の科学」の英語での呼称)の信者は、世界70カ国以上に及ぶと発表されている。(2010年8月現在)また、同団体が設立した一連の活動グループは「幸福の科学グループ」と呼ばれる。

D D D

D D D D