広島地区共通カード

一般

広島地区共通カード

ひろしまちくきょうつうかーど

ストアードフェアシステム

1993年平成5年3月25日から広島地区で始まった磁気カード方式の6社共通バスカードは、当初の6社からバス事業者の他にも、アストラムライン広島電鉄宮島線市内線宮島松大汽船宮島ロープウエーと利用が拡大したため、便宜上“広島地区共通カード”と呼ばれる。

交通系ICカードPASPY(パスピー) と置き換わるが、2010年5月現在 PASPY(パスピー) の導入を決定していない事業者もある。→ PASPY

広島交通広島バス芸陽バス備北交通中国JRバス呉市営バスの“バスカード”、広島電鉄の“パセオカード”、アストラムラインの“アストラムカード”の販売は、2010年2月末までに終了した。

2011年3月31日まで車両搭載のカード機器が稼働した。2011年4月1日からは、発行各社の窓口でPASPY(パスピー)への残高の移し替えの扱いのみとなる。

2011年4月1日以降、広島電鉄電車の磁気カード機器は“乗換電停”での“乗換えカード”および“フリーパス(一日乗車券等)”専用の取り扱いとなっている。

“広島地区共通カード”取扱事業者