スマートフォン用の表示で見る

高橋由伸

スポーツ

高橋由伸

たかはしよしのぶ

プロ野球選手。読売ジャイアンツ外野手背番号24。

松井秀喜のNYY移籍後、新たなる巨人の4番としてチームをリード。

選手会長

1975年4月3日生。千葉県出身。180cm87kg。右投左打。

桐蔭学園慶應義塾大学読売ジャイアンツ(1997年ドラフト1位)

夫人は日本テレビアナウンサー小野寺麻衣

 

 

高校時代は甲子園に2度出場。大学時代は1年からレギュラーとして活躍、3年春にはリーグ3冠王に輝く。

大学通算本塁打数は23本塁打に及び、それまで田淵幸一の持っていた六大学の通算本塁打記録も更新した。

1997年逆指名で読売ジャイアンツに入団。

開幕戦からスタメンに名を連ね3割19本塁打の活躍、中日川上憲伸らとハイレベルな新人王争いを繰り広げた。

この年、新人外野手としては初となる、ゴールデングラブ賞を受賞。

翌1999年には3割30本を記録し、ベストナインを受賞、夏場には4番を打つ試合もあった。

2000年はプロ入り初のフル出場を果たすも2割8分9厘に終わり3年連続の3割はならなかった。

2003年には11打数連続安打・14打席連続出塁の日本タイ記録を達成。

新人年から2003年まで6年連続でゴールデングラブを受賞し、オールスターにも連続出場している。

2007年、横浜ベイスターズとの開幕戦横浜スタジアム)において開幕戦初球先頭打者本塁打を放つ。

この記録はセ・リーグ史上初であり、パ・リーグでは1人*1が記録しているのみである。

2015年、選手兼任打撃コーチに就任

 

リスト::野球選手

*1:1回裏のものも含めると4人。45年ぶりの記録。