スマートフォン用の表示で見る

今津線

地理

今津線

いまづせん

阪急電鉄の鉄道路線

阪急神戸線に所属する支線のひとつ。宝塚駅今津駅間 9.3km

大正10(1921)年に阪神急行電鉄(現・阪急電鉄)によって、西宝線(西宮北口宝塚間)が開通。大正15(1926)年に今津まで延伸して、現在の路線名に変更された。

西宮北口駅で神戸線によって、宝塚駅−西宮北口駅間 7.7km と、西宮北口駅−今津駅間 1.6km に分断されているが、もともとこの両者は線路が繋がっており、西宮北口駅で、神戸線と平面交差していた。便宜上、前者を今津北線、後者を今津南線と呼ぶこともあるが、あまり一般的ではない。

宝塚駅では阪急宝塚線西宮北口駅阪急神戸線今津駅阪神電鉄と接続する。

朝ラッシュ時には、宝塚駅発神戸線経由梅田駅行きの準急が走る。また、仁川駅阪神競馬場の最寄り駅であるため、阪神競馬開催時には、仁川駅−梅田駅間で直通の臨時列車が運転される。この準急臨時列車は西宮北口駅には停車しない。


リスト::鉄道路線