斎藤実盛

社会

斎藤実盛

さいとうさねもり

日本の平安時代末期の武将。越前国出身。

武蔵国幡羅郡長井庄を本拠とし、長井別当と呼ばれていた。元々は源氏に仕えていたが、源義朝の死後は平氏に仕えていた。篠原の戦いで敗北し、その後、手塚光盛によって討ち取られた。