斎藤実盛

(社会)
さいとうさねもり

日本の平安時代末期の武将。越前国出身。
武蔵国幡羅郡長井庄を本拠とし、長井別当と呼ばれていた。元々は源氏に仕えていたが、源義朝の死後は平氏に仕えていた。篠原の戦いで敗北し、その後、手塚光盛によって討ち取られた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ