スマートフォン用の表示で見る

三つ目がとおる

マンガ

三つ目がとおる

みつめがとおる

70年代の手塚治虫後期の代表作の一つである伝奇SF作品。

古代の人類「三つ目族」の末裔で自称「悪魔のプリンス」の中学2年生、写楽保介(しゃらくほうすけ)が、親友の和登千代子(わとちよこ)と共に、様々な事件に立ち向かっていく。

純真で優しい少年である写楽保介は、いつも額に大きなバンソウコウを貼っている。しかしひとたびバンソウコウがはがれると、その下から第三の目があらわれて性格が豹変し、恐ろしい超能力を発揮する悪魔のような三つ目人になる。


関連語:リスト::漫画作品タイトル