三浦環

音楽

三浦環

みうらたまき

1884年に生まれ、1946年に没する。オペラ歌手。1903年東京音楽学校(現在の東京藝術大学音楽学部の前身)在学中にグルックオペラオルフェオとエウリディーチェ」のエウリディーチェ役を演じ、好評を博す。1914年ヨーロッパに渡り、翌年、プッチーニオペラ蝶々夫人」の蝶々夫人役としてデビューする*1。これが大きな反響を呼び、以来、ヨーロッパ各地で2000回にもわたって公演を繰り返し、「蝶々夫人」の作曲家であるプッチーニからも絶讃された。こうした業績や美貌も相俟り、彼女はわが国における本格的なオペラ歌手の嚆矢とされている。

なお「たまき」はもともと男性の名前であった。それが女性の名前にも使われるようになったのは、三浦環人気によるところが大きいと言われている。

amazon:三浦環

*1:もともとこの作品は明治初期の日本を舞台にしており、蝶々夫人長崎武家の娘である。