スマートフォン用の表示で見る

三笠宮崇仁親王

一般

三笠宮崇仁親王

みかさのみやたかひとしんのう

三笠宮崇仁親王皇族である三笠宮の初代当主。

1915年12月2日生まれ。

大正天皇の第4男子。母は貞明皇后、兄は昭和天皇秩父宮雍仁親王高松宮宣仁親王今上天皇の叔父にあたる。

百合子妃殿下(高木百合子)と結婚。子は甯子内親王(近衛甯子)、寛仁親王桂宮宜仁親王、容子内親王千容子)、高円宮憲仁親王の5人。

略歴

学習院中等科を経て陸軍士官学校陸軍大学校に進み、大本営陸軍参謀として勤務。戦時中の陸軍の戦争指導には一貫して批判的な姿勢を示した。

1935年12月2日、成年式を行った際に「三笠宮」の宮号を賜わる。

1941年10月22日、子爵高木正得の次女高木百合子(現:崇仁親王妃百合子)と結婚。その後三男二女をもうけた。

戦後は歴史学者の道を歩み、東大文学部研究生として古代オリエント史を専攻。海外の史跡調査など学者として精力的に活動。

1955年から東京女子大青山学院大の講師として20年余りにわたり教壇に立ったほか、テレビ、ラジオの市民講座にも出演。率直な発言と気さくな人柄で親しまれた。

90歳を過ぎても壮健で、2015年12月には100歳を迎えた。皇太子徳仁親王妃雅子敬宮愛子内親王を、文仁親王妃紀子悠仁親王を出産する際、安産を祈る「着帯の儀」で「帯親」を務めるなど、長年、皇族の最長老として活動を続けられた。

2016年10月27日、東京都中央区聖路加国際病院薨去、100歳没。