スマートフォン用の表示で見る

山田宗樹

読書

山田宗樹

やまだむねき

作家。

1965年11月2日 愛知県生まれ。

愛知県立丹羽高等学校卒業。筑波大学大学院農学研究科修士課程修了。

製薬会社農薬の研究開発に従事した後、

『直線の死角』で第18回横溝正史ミステリ大賞を受賞し作家デビュー。

自身の経歴を生かしてか、医療に関連した作品が多い。

2006年『嫌われ松子の一生』が映画、ドラマ化。

2007年3月『黒い春』がWOWOWドラマW枠でドラマ化。

2010年9月『天使の代理人』ドラマ化。

小説作品


百年法 上

百年法 上

死者の鼓動 (幻冬舎文庫)

死者の鼓動 (幻冬舎文庫)

嫌われ松子の一生 (上) (幻冬舎文庫)

嫌われ松子の一生 (上) (幻冬舎文庫)