スマートフォン用の表示で見る

山本容子

アート

山本容子

やまもとようこ

画家。

1948年東京都中野区で出生。現住所、東京都杉並区高円寺。小学時代より絵・塑像などを作ることに興味を持ち、とくに身近な犬を中心とした作品づくりに40年近くになる。犬を擬人化した作品で、漫画でもなく写実画でもない独特の作風で人の心を大切にし、癒され、心あたたまる作品の数々に、国内、国外に多くのファンがいる。

1981年より社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)会報「家庭犬」の表紙画を担当。1986年アメリカで最も権威あるドッグショウ「ウエストミンスター展」において展示。アメリカンドッグアソシエーション特別賞を受賞。1987年高円宮家に、作品「犬のオーケストラ」を献上。1992年JKC「全犬種標準書」を出版。1992年長年の美術家としての活躍が認められ、農林水産大臣賞を受賞。1993年北海道の小学校他、数校に犬の絵画を寄付。1996年東京三越百貨店にて初の個展を開催。以後、東京大阪を中心に個展・展示会を開催。2000年東映極道の妻たちリベンジ)映画のシーンの中で「雪の五人衆」(作品)が使用される。