スマートフォン用の表示で見る

酒見賢一

読書

酒見賢一

さけみけんいち

小説家。生年1963年福岡県出身愛知大学文学部中国哲学専攻卒。

1989年(平成元年)第1回日本ファンタジーノベル大賞受賞作『後宮小説』でデビュー、これは「雲のように風のように」としてアニメ化された。

1991年 (平成4年)『墨攻』・『陋巷に在り』一巻で中島敦記念賞受賞

2000年『周公旦』で第19回新田次郎賞を受賞。

他の著作に『聖母の部隊』『ピュタゴラスの旅』『語り手の事情』『童貞』などがある。『陋巷に在り』全13巻は未曾有の大作にして労作、そして名作である。

2006年2月現在『別冊文藝春秋』にて『泣き虫弱虫諸葛孔明』を連載中(単行本一巻が既刊)。