短歌

(読書)
たんか


和歌の一体で、最も普通の歌体。五七五七七の五句三一音を原則とする。起原はよくわからず、諸説あるが、万葉時代には既に確立し、長歌・旋頭歌(せどうか)などのすたれた平安時代以降は、和歌といえば短歌をさすに至った。みじかうた。みそひともじ。
現代においては定型詩の短詩型に位置付けられる。五七五七七のリズムと三十一字の制約はゆるくなってきている。歌の中に特に人称が無い場合は一人称をさすことが多いという特徴も持つ。
短歌を詠む人を歌人と呼ぶ。


リスト:二文字キーワード

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ