後宮小説

(読書)
こうきゅうしょうせつ

小説。酒見賢一は同作で第1回ファンタジーノベル大賞を受賞し、デビューした。第102回直木賞候補作。
雲のように風のように』というタイトルでアニメ化もされ、日本テレビ系で放送された。

明末清初期*1の中国のような国 素乾で、皇帝が資料によると腹上死したので、制度として「全国から娘を狩り集めて教育する」という外戚対策があるので*2ソレの一環である「宮女狩り」によって、やってきた少女銀河が、そういう関係のいろいろを修め、皇妃の地位まで上り詰めると、すごい理由で立ち上がった民衆が、とりあえず後付けで理由ができたので後宮を襲い、ていうか皇帝派がしょぼくて、そして。


後宮小説 (新潮文庫)

後宮小説 (新潮文庫)

*1:1601年という表記はある

*2:宦官という二大害悪の一が行うのだが、制度が行われた後ある皇帝がかなりの無茶をしたため、民衆が立ち上がり、劇中資料によると「宮女狩りに際し玉茎重生(宦官の男根が再生すること)したので引退しようとする」人が出る程度に嫌な仕事にはなっている

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ